ジョワセリュールの効果で潤い・ハリ・ツヤを!

ジョワセリュールで美しく

ジョワセリュール

 

ジョワセリュールはフランス語て゛「喜ひ゛+細胞」細胞か゛喜ひ゛、悩みの無い素肌を目指します。

 

素肌本来の美しさを引き出す ヒト幹細胞美容液。
私たちの肌は、元来「潤い・ハリ・弾力」を保つチカラを持っています。

 

何かを足してつくられる美しさた゛けて゛はなく、ヒト幹細胞エキスに含まれるヒトの成長因子やヘ゜フ゜チト゛て゛、本来持つ美肌のチカラを呼ひ゛覚まし、素肌の美しさを引き出す新しいスキンケア方法。

 

こんな方に特におすすめしたい

 

  • 美肌を早く実感したい
  • ハリ、ツヤを取り戻したい
  • 素肌に自信を持ちたい
  • 健康的で丈夫な肌になりたい
  • 引き締まった肌になりたい!いつまでも若々しくいたい

 

ジョワセリュールのすぐれた効果と成分

次の時代のスキンデーション大注目のヒト幹細胞

 

ジョワセリュール

 

ヒト幹細胞培養液とは?
ヒト幹細胞培養液とは、まさに文字通り人間の幹細胞から作られた培養液のこと。

 

美容業界が大注目する最先端の成分です。

 

幹細胞は体のあらゆるところに存在していますが、特に皮膚皮下脂肪に多いのが特徴です。
幹細胞は、「組織幹細胞」と「多能性幹細胞」の2種に大別できますが、多能性幹細胞はどんな細胞でも作れることから、ヒト幹細胞培養液にはこちらが使われます。

 

ノーベル賞受賞で有名になったiPS細胞も、多能性幹細胞の性質を利用して作られました。
幹細胞を培養する際に分泌液が発生しますが、これを「ヒト幹細胞培養液」と呼びます。

 

ヒト幹細胞培養液を美容面からみると、皮膚の老化予防のカギとなる真皮幹細胞や線維芽細胞などに働きかけて、細胞の成長や分裂を促します。
細胞が活性化することで、皮膚老化予防や皮膚組織の修復、再生につながるのです。

 

再生医療や幹細胞治療の現場では自分の脂肪細胞から取り出すことが可能ですが、幹細胞培養液を配合した美容製品には、すでに培養されたヒト幹細胞培養液が配合されています。

 

ヒト幹細胞培養液の美容効果

ジョワセリュール

2014年、ヒト幹細胞培養液は厚生労働省によって認可されました。

 

それを皮切りに、ヒト幹細胞培養液が持つ性質を利用して、エイジングケアを目的とした洗顔料や美容液などの化粧品が多く販売されています。

 

若々しい肌を維持するには、コラーゲンをはじめヒアルロン酸やエラスチンなどの活性力がカギとなりますが、ヒト幹細胞培養液が配合されることで細胞レベルから活性されます。

 

主な美容効果には、「シワの予防・改善効果」「美白効果」「傷跡や炎症の改善効果」「発毛・増毛促進効果」などが挙げられます。

 

肌だけでなく、髪を生み出す毛母細胞をも活性化できるため、ヒト幹細胞培養液を配合した育毛剤も多く販売されているので、ネットなどで見たことがあるかもしれませんね。

 

また、すでにエステサロンや美容室でも、ヒト幹細胞培養液を使った美肌メニューや育毛メニューを取り入れているところもあります。

 

細胞レベルから美肌ケアや頭皮ケアができるので、シワや薄毛、円形脱毛などの悩みを解決できるのでは!と期待大です。

 

自らの細胞に力を与える、ヒト幹細胞培養液配合の化粧品や育毛剤。

 

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

今話題の「ヒト幹細胞」

最近、高額な美容液にある共通する単語が含まれています。それが「ヒト幹細胞」。ヒト幹細胞成分配合などというキャッチコピーが最近増えています。ヒト幹細胞は「自己複製」と「多分化」という能力があります。医学の分野では「ES細胞」や「iPS細胞」と言われるのは、このヒト幹細胞の一種です。

 

ヒト幹細胞は「究極の若返り」、「美容業界の最終兵器」などと形容されているように、今、美容・コスメ業界でヒト幹細胞が注目されています。これはヒト幹細胞の若返り効果に期待されているためです。今回はヒト幹細胞の化粧品は本当に効果があるのかを紹介したいと思います。

 

 

 

ヒト幹細胞で若返る仕組み

肌は基本的に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっています。これらがターンオーバー、つまり新陳代謝を繰り返して行くわけです。20代の方で28日の周期でターンオーバーがなされていきますが、歳を重ねるとともに、その勢いは徐々にパワーダウン。また、細胞も徐々に衰えていきます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには幹細胞が多く、肌もモチモチしていますが、年齢を重ねる中で、幹細胞の数が減少し、シワやたるみなどが増えて、皮膚が衰えてくるのはこのためです。そこで、このターンオーバーを繰り返す肌に対して、ヒト幹細胞を新たに加えることで若返りが実現します。